2021年3月11日木曜日

「さくら展」との連動企画 ~医療従事者へ応援メッセージを送ろう~

 ほたる工房では、2012年の設立以来、『医療現場にアートの灯を』ということで、音楽や絵画をはじめとする様々なアート活動による「ひとときの楽しみ」を患者様やご家族に届ける活動をしています。

様々な企画を医療現場で行ってきましたので、昨年以来続く、新型コロナウィルスの流行により、長期的に負荷がかかり続けている医療従事者の皆様に、何かできることはないかと考えました。

3月半ばから、参加展示を計画していましたので、その連動企画として、一般の方から、医療者へのメッセージを集め、感謝と応援のメッセージを届けようと企画しました。


ほたる工房のメンバーから「こんな企画があるのですが・・・」と声をかけたところ、多くの方からのメッセージが集まりました。

以前、院内落語会を企画した際、出演してくださった桂福丸さんとそのお知り合いの桂壱弥さんからも色紙をいただきました。


皆さまからいただいたメッセージは、以下の写真のようにまとめて届けました。





この度の企画に参加してくださった皆さま、快く協力いただきありがとうございました。

(辻野・秋山)

参加型展示「さくら展2021」

今年も桜の季節が近づいてきました。

毎年恒例の「参加型展示 さくら展」を開催しています。


「参加型展示」なので、皆さんにも参加していただけます。
遊び方を紹介します。

 

①付箋にメッセージを書く

②付箋を桜の樹冠に貼る。お好きなところにどうぞ。

 

皆さまの「ひとひら」が春を呼び込みます。

 さあ、桜の花を咲かせましょう!


たんぽぽやつくしも顔を出し、春の陽気。
桜餅やちらし寿司など、美味しいものもたくさんありますね。
お花見気分で参加していただけると幸いです。


背景の桜の木や春にまつわる絵を描いてくださったのは、ほたる工房の活動に協力くださっている友野佐千子さんです。

友野さんは、大学で日本画を学ばれた方で、現在は高校の美術の先生をしておられます。

毎年、ほたる工房で企画している参加型展示「さくら展」と「花火展」の時には、時候にぴったりの背景を描いてくださいます。

この展示は、4月中頃までの展示になります。

これからどのように桜が咲いていくのか楽しみですね。


(秋山)


大亀京助写真展「ONE WORLD ー世界はひとつー」

 2021年1月6日から2月末まで、大亀京助さんによる写真展「ONE WORLD ー世界はひとつー」を開催しました。

大亀さんは、商業用写真を専門とするフリーランスカメラマンであり、また、大阪芸術大学の非常勤講師もされています。



大学在学中より、「旅の途中」をコンセプトに世界の街を独自の視線で記録することをライフワークにされています。中でも、その街に暮らす人々との出会いを大切に撮影をされているとのことです。


今回は、世界の国々で出会った人々の写真を18点お借りして「ONE WORLD-世界はひとつ」というタイトルでまとめてくださいました。



以下の6枚の写真は、展示作業中に大亀さんが撮影してくださった写真です。










『お気に入りの作品を見つけませんか?』


当院では、一昨年以降、年に1度、地域で活躍されているプロの写真家さんの作品展示を行っています。

昨年の作品展で、参加型企画「お気に入りの作品を見つけよう!」を行ったところ、多くの方に参加していただき、「お気に入り作品探し」を楽しんでいただいいました。

また、皆さんの反応を作家さんにフィードバックすることもできました。

この企画を通して、ご覧になった方と、作家さんがつながる貴重な機会となりましたので、今年も実施しました。




一か月半ほど、通りかかる患者様、病院職員にお気に入りシールを貼ってもらいました。
今回は、新型コロナウィルスの感染予防対策のため、面会禁止の状況もあり、昨年と比べると、シールの数は少なくはありましたが、たくさんの方が参加しくださいました。

結果、1位は、「標高4303mロッキー山脈パイプピークからの眺め」でした。



今回の展示のサブタイトルは『みんなの世界が、穏やかで、たくましく、元気で笑顔があふれますように』。

コロナ禍において、制限された生活を送る日々ですが、そのような中にあっても、このサブタイトルのような願いを持っていたいという大亀さんの思いが込められた作品展となりました。


(秋山)


2021年2月10日水曜日

木津谷文吾 原画&紀行文「旅のスケッチ」展

11月から12月まで、大阪府豊中市の大阪刀根山医療センターにて、木津谷文吾さん(81歳)の原画&紀行文「旅のスケッチ」展を開催しました。


 

木津谷さんは、大阪刀根山医療センターの患者様です。

木津谷さんは、スケッチ以外にも洋画の制作もされます。ご縁があり、昨年、洋画を寄贈していただく機会がありました。その際、『電気評論』にスケッチ画と紀行文の掲載をしておられるとのお話をうかがったことが、今回の展示につながりました。


『電気評論2010.3』より 「世界遺産第1号 アブシンベル宮殿」

木津谷様の作品は、2010年以降、電気総合雑誌 『電気評論』に表紙絵と紀行文として掲載されています。今回の展示は、雑誌に掲載されたものを中心に、木津谷様が訪れた世界各国の風景のスケッチの原画を展示しています。


『電気評論2013.2』より 「黄山」
 

木津谷さんは、小学校の時、クレパスで描いた蒸気機関車の絵が、図工の先生の目に留まり、画業の道に進むことを勧められたのですが、親御さんの反対により断念されたそうです。しかし、その後も独学で試行錯誤しながら描き続け、退職後も絵を楽しんでおられます。



今回の展示している作品、ペンと水彩クレオンによるスケッチ画は、木津谷さんの真骨頂ともいえるものだそうです。

 『電気評論2013.2』より 世界最大の滝「イグアス」


病状の進行により、ご自宅で過ごすことが多くなった今も、「電気公論」への掲載は続けておられます。以前訪れた場所を撮影した写真と記憶から、作品を描き続けておられるそうです。

『電気評論2013.2』より マヤ文明遺跡「チチェンイッツア」





この3点は後半展示替えをしました。




(秋山)












2021年2月3日水曜日

筆文字展

9~10月、豊中市在住の書同研究家、堤恭子さんによる作品展を行いました。
2013年以降、年に1度、時節の書をお借りして展示しています。



NHKの朝ドラで注目を浴びた古関裕而の「ああ栄冠は君に輝く」より。




先の見通しがつかず、不安もありますが、『もう1歩 もう1歩』と一日一日を大切に過ごしていきたいですね。


大人から子どもまで人気のある「パプリカ」より。










2013年以降毎年ギャラリー展示と合わせて、病棟内での「筆文字ワークショップ」行ってきましたが、今回は新型コロナウィルスの感染予防対策のため、開催を取り止めました。
状況が落ち着き、再び「喜色満面」でワークショップが開催できることを願っています。



(秋山)




2020年10月14日水曜日

参加型展示「花火展2020」

 
 
 
 

 


7月中旬から8月末にかけて、参加型展示「花火展」を開催しました。
2013年以降、ほぼ毎年行っており、今年で7回目となります。
 
 
 
 
夜空に見立てた模造紙に、花火の下絵を描いたものをギャラリーに展示し、そこに、通りかかった方が、カラフルな丸シールを貼ったり、ポスカで書き込みをしたり、「花火を打ち上げていこう!」という企画です。
 
 
 

1カ月をかけて、次第に花火が出来上がってきましたよ。

 

 

 

 

今年は新型コロナウィルスの感染予防対策として、入院病棟での面会を禁止していたため、例年に比べ、ギャラリーを通る方も少なくなりました。

 

とはいえ、様々なイベントが自粛されている中、今年もいつものように、この花火展を開催できたこと、皆様の参加により作品が出来上がったことをとても嬉しく思います。

 

 

 

 

(秋山)

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 

写真展(前半)「日本の四季」  ペンネーム:でんでん虫さん

 大阪府豊中市にある大阪刀根山医療センターにて、ペンネーム:でんでん虫さんによる写真展を行いました。


でんでん虫さんは、この病院の患者様です。
昨年の展示に引き続き、今年も展示をお願いしました。


途中で展示替えをしながら、6月上旬~7月上旬「日本の四季」、7月上旬~7月末「鳥の写真」の2つの展示を行いました。

日本各地の春夏秋冬の季節の風景を写真に収められています。







出品者のご厚意により、希望される方に写真をお渡しできるとお知らせしたところ、数名の方から希望がありました。

写真を希望された方の中には、「昔、訪れたことがある場所の風景を思い出し、懐かしくなり希望したした」という方もおられました。


写真は展示終了後、出品者のでんでん虫さんが、新たに現像してくださったものを希望者にお渡ししました。
でんでん虫さん、ありがとうございました。

作品を通して、作品を展示する側と、作品を楽しむ側が交流できる貴重な機会となりました。



(秋山)


 











2020年7月1日水曜日

灰掛博絵画&大崎裕久さをり織展「パワフルパワーで負けへんで!」

5月半ばから、大阪刀根山医療センター内、院内ギャラリーにて、灰掛博さんのアクリル絵画と大崎裕久さんのさをり織タピストリートの展示を行っております。





灰掛さんは、この病院の患者様です。
今回の展示は、当院に入院しておられた灰掛博さんから絵のお話をうかがったことをきっかけに依頼しました。絵画展開催を快諾いただいた後、灰掛さんが関わっておられる『さをり織』との展示について提案いただき、灰掛さんの作品とさをり織のコラボ展示となりました。

灰掛さんは、大学時代から絵を描き、農業と絵画とさをり織の講師の半農半芸を40年以上続けてこられたそうです。2年前からALS(筋萎縮側索硬化症)を発症し、現在、闘病されています。


灰掛さんの絵画の描き方は独特で、様々な絵の具を画面に飛び散らせ、そこから見えてきたものを絵にするそうです。


さをり織を制作した大崎さんは、中学時代にさをり織に出会ったそうです。豊中支援学校卒業後、さをり織作家として活動されています。
小さいころから手芸や細かい作業が好きだった大崎さんは、緻密で繊細な織り地と色使いで制作を続けておられるそうです。



展示を開始した5月中旬は、非常事態宣言下で入院病棟での面会が禁止されていた時期。院内でも感染防止に細心の注意が払われ、張り詰めた空気がある状況でした。

そんな中、灰掛さんの自由な発想からのびのびと描かれた作品と、大崎さんの緻密な模様の中に温かみのあるさをり織の展示が始まり、院内の張り詰めた空気を軽くし、ほぐしてくれる・・・そんな気がしました。


灰掛さんは、さをり織作品展示の指導もされていたということで、今回の展示に参加の話も出ていたのですが、体調の具合で展示作業はお休みされました。
今回は、灰掛さんの娘さんご夫婦と、さをり織教室の金野さんに手伝っていただき行いました。
ありがとうございました。

(秋山)