2021年11月17日水曜日

前田欣一写真展  PAPYRUS 「ゆかいな紙の昆虫たち」

 9~10月の2か月間、大阪府豊中市にある大阪刀根山医療センターで、写真家の前田欣一さんによる写真展、PAPYRUS(パピルス) 「ゆかいな紙の昆虫たち」を開催しました。








↑「傘を持って」

ある雨降りの日。
保育園に通う子、仕事に向かう者でしょうか・・・
傘をさして、それぞれ出かけているようですね。

擬人化された昆虫たちの日常が捉えられた1枚。

都会のビルを背景が、妙にマッチしていますね。


今回は、ペーパークラフト作家の斉藤卓治さんが作った作品を、写真家の前田さんが撮影した作品18点を展示しています。
お二人のプロフィールは文末をご覧ください。



以下に、展示に際しての前田さんの言葉をご紹介します。

***********

2008年、朝日新聞「暮らしの風」の表紙で、
斉藤卓治さん制作の素晴らしいモデルたちと
出会いました。

一枚の紙から生まれた小さな昆虫たちです。

彼らと一緒に野や山、里、そして大都会へと
繰りだしては楽しいひとときをパチリ。
小さな生命が、大きく輝く一瞬をたくさん
見つけました。

レンズの向こうの紙の昆虫たちは生きている。

そんな想いが、ご覧になった皆様方に伝われば・・・と願っています。

前田欣一

*************


展示の様子です。








さて、これらの作品、いったいどのように撮影しているのでしょうか?
撮影の様子を教えてもらいました。

↑撮影の準備をしている斉藤さん

昆虫たちに合わせ、小道具もこのサイズ感です。
細かい作業ですね。
でも、斉藤さん、とても楽しそうです。

↑「バレンタイン」
撮影するとこのような作品に。


小さな出演者たち、小道具のスタンバイだけででなく、お天気、日の当たり方など、様々な条件が整った時に撮影をされているそうです。

どれもとても貴重な1枚ということがわかりますね。



≪参加型企画:お気に入りの1枚を見つけよう!≫

当院では4年前から、年に1度、地域のプロの写真家さんによる写真展を開催しています。
その際には、作品をご覧になる方と、作品を展示している側のコミュニケーションになればと、『参加型展示:お気にいりの1枚を見つけよう!』という企画をしています。

会期中、展示されている18作品の中から、お気に入りの作品を1点見つけてシールを貼ろう!というものです。

2カ月が経ち、展示最終日となりました。
結果はどうでしょう・・・

1位「森の音楽会」 15票


2位「傘を持って」(右側) 11票

3位「虫取り」

3位「雪の夜」

3位は2作品。いずれも11票でした。

4位は5作品(各9票)とかなり接戦となりました。
たくさんの方に「お気に入りの1枚」探しを楽しんでいただけたようで、嬉しく思います。



プロフィール紹介

◎前田欣一さん(写真家)
京都市生まれ。
東京写真大学(現東京工芸大学)卒業後、会社カメラマンを経て、前田写真事務所を開設。 広告、雑誌、会社案内、自治体パンフの撮影など、幅広い分野で活動している。

 大阪青山短期大学などの非常勤講師、各自治体写真コンテスト審査委員としても活動。

 公益社団法人日本写真家協会会員。 



◎斉藤卓治さん(クラフト作家)
幼い時から昆虫が大好きで、中学生の夏、宿題で提出したカミキリムシやクワガタ等の切り絵を先生に褒められたことをきっかけに、制作の道へ進む。

1988年 大阪心斎橋大学堂ギャラリーにて第一回個展。以降、
京阪神・東京などの百貨店や、画廊などで個展を開催。
1998年 M.Cエッシャートリックアートコンペにて優秀賞受賞
2008年 朝日新聞「暮らしの風」の表紙を飾る(2008.4~2009.3)
2016年 紙わざ大賞にて「東海製紙賞」を受賞
2018年 クロアチアにて初の海外展示






最後に1枚。

「メリークリスマス」
(ちなみにこの作品は、お気にいり第4位でした)

11月も半ばになり、年の瀬の気配が近づいてきましたね。
ほたる工房の年内の展示は、11・12月の筆文字展で最後となります。

今年もわずかとなりましたが、皆様、どうぞお体を大切にお過ごしください。

(秋山)













2021年9月8日水曜日

参加型展示「花火展2021~皆で花火を打ち上げよう~」

 ブログへの掲載が前後しますが、7月に開催した参加型展示「花火展」のご報告です。


大阪刀根山医療センター内、院内ギャラリーにて。


今年で7回目になる「花火展」。
2013年以降ほぼ毎年開催しているので、夏の風物詩となっています。

この展示は、参加型展示ということで、夜空に見立てた模造紙に、参加者の皆さんに、色とりどりの丸シールを貼っていただきます。

そして、約1ケ月間かけて皆さんの力で花火を打ち上げようという企画です。

花火は、丸シールとポスカを使っていただきました。




初めは、こんな感じでしたが、だんだんシールが増えていき・・・・



大阪・神戸・京都のランドマークが描かれた夜空に、カラフルな花火が上がっていきました。







今回、シールやポスカを入れておく入れ物は、入院患者様の岡本さまのクラフト作品です。

こちらの病院に入院されている間、他の患者様から作り方を教えてもらう機会があり、その後もご自身で作品を作っておられるそうです。







2021年9月2日木曜日

Echanchaun作品展 「なに、しよっかな・・・?」

 大阪府豊中市にある大阪刀根山医療センターの院内ギャラリーにて、Echanchaunさんの作品展を行いました。


Echanchaunさんは、当院に通院される患者様です。

昨年、ご病気の診断を受けた後、秋~冬にかけて、長い間、入院されていました。Echanchaunさんにとっては、初めての入院生活。 その間、『どのように過ごされていたのか』を垣間見ることができる展示となっています。

今回、展示している作品は、Echanchaunさんのインスタグラムに投稿されているものです。
ご興味のある方は、ご覧になってください。

インスタグラムへのURL:
https://www.instagram.com/echanchaun/


病院敷地内で撮影された写真です。



これらの写真は、どこで撮影されたんでしょうか?

撮影場所は、この地図で紹介しています。
これもEchanchaunさんのお手製です。


このバナナ、実は朝ごはん(病院食)のバナナ。
『針でつついて、バナナート』だそうです。





今回の作品展のタイトルは、「なに、しよっかな・・・?」。

入院の度に「なに、しよっかな・・・?」と、
油性マジック、紙コップ、筆ペン、和紙・・・
入院中も楽しく過ごすために、
いろいろ持ち込んでおられたそうです。


「鳥獣戯画で遊ぶ」シリーズ

こちらは売店で購入した筆ペンで、給食の献立表や検査結果票の裏に書いたものです。
透明ファイルに入れてあるので、裏返すと、裏紙だと分かるようになっています。
ハロウィンVer.(献立表の裏)


森の中のcafeVer.(検査結果票の裏)






こちらは、刀根山のヤギシリーズ。
病院に、なぜヤギ?
と思われるかもしれませんね。


実は、大阪刀根山医療センターでは、昨年から敷地内の除草のお手伝いをしてくれるヤギを2頭、放牧しているんです。

お散歩ついでに、ヤギたちに会うことを楽しみにしている方もおられました。

ヤギの様子は新聞でも紹介されたので、患者様・ご家族のみならず、地域の方もヤギの様子を見に足を運ばれていたようです。


このマトリョシカの中にもヤギがいますよ。

Dr.の横。いますね~
このヤギさんが一番小さいパーツなので、マトリョシカの一番中心にに入ります。


こちらもヤギ。かぶれます。


「めぇぇ~」
作:Echanchaunさん



こちらは、「筆ペンで遊ぶ」シリーズ。
初めての入院の時、病院の売店で購入した筆ペンを使って書いたそうです。

この作品は、インスタグラムで動画が見れます。
コマドリしたパーツが動画になって動き出しますよ。




今回の展示では、
患者さまだけでなく、職員からの反響が大きかったです。
職員からの感想の中には、「癒される」というコメントが多いように思いました。

作品見てふと気持ちが和んだり、作品からパワーをもらったり・・・
そういうことができたからではないかと思います。

この度展示に協力してくださったEchanchaunさん、ありがとうございました。



(秋山)






















2021年8月4日水曜日

 時下、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

いつもNPOほたる工房の活動を一方ならぬお力添えを預かり、誠にありがとうございます。

今年度の総会は、記念すべき設立10周年の年ではありますが、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、昨年度同様、開催は取りやめ、「書面総会」を行いました。

会員の皆様からの過半数以上の賛成により、すべての議案が可決されたことをご報告いたします。

会員の皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。


また、例年、総会と同時に開催しておりましたコンサート&落語会の開催も取り止めたことにより、会員の皆様に楽しいひと時をお届することができませんでした。

そこで、この場を借りて2020年度総会に出演予定だった『オルテンシア』さんの音楽をご紹介します。

Nella Fantasia(エンニオ・モリコーネ作曲)


Soprano  Yukina Wada
Piano  Ayana Murakami
Sax.Flute.Clarinet Toshihiro Konishi
Mix.Edit Toshihiro Konishi




『オルテンシア』さんは、ソプラノの和田さん、ピアノの村上さん、そして、サックス・フルート・クラリネットの小西さんの3人のグループ。神戸を中心に活動しておられます。

『オルテンシア』の3人

『オルテンシア』に関して、8/7(土)に1stリサイタルが行われる予定です。
場所:灘区民ホール 
時間:13:00会場 14:30開演
チケット代:1,000円

興味にある方は、是非チェックしてみてください。


これからも、ほたる工房の活動はブログにてお伝えしていきます。
今後とも、ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


(秋山)

2021年7月12日月曜日

写真展「100分の1の自己満足 Part3」

6月中旬から、大阪刀根山医療センターの院内ギャラリーで、北田満さん、岩本純次さんによる写真展「100分の1の自己満足 Part3」を開催しています。



北田さんがこの病院の職員のご家族というご縁で、展示を依頼しました。岩本さんは、北田さんのご友人で、定年後、お二人ともに写真を楽しんでおられます。


写真展では、季節の風景を中心に16枚の作品を展示しています。
写真展のタイトルは、「100枚撮れば1枚くらいは満足できる作品があるだろう」というお二人の共通のコンセプトから、「100分の1の自己満足」。
2018年1月、2019年9月に続き3回目の展示ということで、「Part3」となっています。


左端の作品は「花筏 彦根城」。北田さんの作品です。
彦根城の石垣を背景に流れる花筏。水面を流れる桜の花びらの連なりが描き出す一瞬の様子が捉えられています。

実はこの場所、毎年桜が散る時期には、その様子を撮影しようとカメラを持った人がたくさん集まる、知る人ぞ知る場所だそうです。






左から3枚目の作品は「淡陰の競演 京都・山科」。
こちらは、一見したところ白壁に枝垂桜のピンクが映える写真ですが、撮影した岩本さんによると、ポイントは「白壁に外灯の影」だそうです。
よく見ると、外灯のガラスの影が揺らめくように、白壁に映し出されています。それがこの作品のタイトル「淡陰」の由来だそうです。




展示作業をしていると、写真に作品に興味を持ったDr.らが足を止め、お二人に興味津々で作品についての質問などをする場面もありました。

お二人の話をうかがっていると、お天気、お花の咲き具合、偶然映り込むものなど、様々な条件が合わさった「一瞬」を捉える難しさと面白さがあるのだなと思いました。


展示作業終了時の北田さんと岩本さん

お二人は、東大阪市在住の70代。
同じ職場で働かれていたご縁で、定年後、それまでも趣味だった写真に本格的に取り組まれるようになったそうです。コロナ以前は、撮影ツアーに参加するなどして、日本各地の四季の風景を撮影し、楽しんでおられました。しかし、コロナ禍において、撮影ツアーも皆無となり、活動できる範囲は限られたため、今回の作品選びには苦心されたそうです。

そんな中、今回は、前回展示以降の新作に加え、今まで撮影した作品から掘り起こした‟お宝“作品を交えての展示となっています。

7月末までの展示となっています。皆様、どうぞお楽しみください。


***************************************

最後に今回の写真展のあいさつ文を記載します。



ご挨拶
ほたる工房の活動にご縁があって、ここ大阪刀根山医療センターに写真を展示させていただくのは、2018年1月、2019年9月に続き3回目になります。

私たちは定年退職を機に、それまでのそれぞれの趣味であった写真撮影を一緒にするようになりました。何分にも素人なので、『100回シャッターを切って1枚でよいから自分が納得できる写真を撮りたい』、との気持ちをコンセプトの「百分の一の自己満足」に込めています。

皆様にご覧いただく16枚の写真の中に共感していただける一枚があれば幸いです。

  令和3年6月
       北田 満(74歳) 岩本純次(73歳)

****************************************


(秋山)





2021年6月11日金曜日

川上裕己 絵画展

 2021年5月から6月末まで、川上裕己さんの絵画展を大阪刀根山医療センターにて開催しています。


川上さんは、大阪刀根山医療センターの患者様です。

2歳の時、筋ジストロフィーと診断され、当院に通院しておられます。

現在は、大阪府立箕面支援学校高等部3年生です。



川上さんの展示は、高校1年生の時に続き、2回目の展示となります。



手前の作品「紅葉と滝」は、
2020年の肢体不自由児・者美術展において、文部科学大臣奨励賞を受賞。



右の作品『ぼくの富士山~上空より』は、
2019年のキラキラっとアートコンクールで、優秀賞を受賞。



「秋色」の左下部分を拡大してみました。
近づいてみると、とても繊細な線で、様々なモチーフが重なって描かれている様子が見えます。

大きい作品は、数カ月かけて仕上げるそうです。
一度仕上げた作品でも、上から別の画材で書き込みをして、更に進化させていくこともあるそうです。

向かって右の作品「囲炉裏」の一部を拡大しました↓

囲炉裏端から、美味しいそうな匂いが漂ってきそうですね。



ギャラリーでも、川上さんの制作の様子を紹介しました。
川上さんのインスタグラム(ユーザーネーム:yuuki_pen)でも制作の様子を見ることができます。

興味のある方は、ご覧になって下さいね。

「秋色」の制作風景↓↓
https://www.instagram.com/p/CJznqq5Do8c/?utm_medium=copy_link






手前の作品『海遊』は、
2019年の肢体不自由児・者美術展で、NTTデータジェトロニクス国際賞を受賞。





◇制作の様子


筋力低下が進んできているため、軽量ペンや真の柔らかい水彩色鉛筆を使用しているそうです。また、画用紙を動かすなど、工夫しながら、絵の制作に取り組んでいるそうです。


◇川上裕己さんのプロフィール

2003年10月3日生まれ。

大阪府立箕面支援学校高等部3年生。

2歳の時に進行性筋ジストロフィーと診断される。


小さい頃から絵を描くことが大好きで、山や海など自然や生き物をテーマに独創的な絵を多く描いている。

作画には、製図用ペン、筆ペンや水彩色鉛筆を使用。


詩集本「ペンを持つとボクね」(柿本香苗著・竹林館)の挿絵を描いたり、絵画コンクール入賞歴も多い。


年々筋力低下が進み、絵を描くのに時間がかかったり、画用紙を回して描くなど工夫も必要になったが、

マイペースに自分のイメージで絵を描き続けている。


☆インスタグラムに絵の写真や動画を投稿しています。

ユーザーネーム:yuuki_pen

 


(秋山)